ご利用のブラウザはJavaScriptが「無効」となっております。
本HPでは、一部JavaScriptを使用していますので、
恐れ入りますが、ブラウザの設定にてJavaScriptを「有効」にし、
ご利用いただけますようお願い申し上げます。


応用科学研究所カレンダー
Calendar Loading
黒:営業日 赤:休業日

公益財団法人 応用科学研究所
Tel 075-701-3164
Fax 075-701-1217
〒606-8202
京都市左京区田中大堰町49

熱処理(試作・調査・相談)
高周波焼入れ焼戻し、プラズマ窒化処理などの熱処理
 
当研究所は我が国で初めて高周波焼入れ法を研究・開発し、その技術を一般に公開、当所自体でも高周波焼入れ焼戻し処理を行っている。プラズマ窒化処理においては独自の技術開発・研究を進め、機械部品の材質・形状に適した独自の処理条件で表面改質を実施している。また、浸炭焼入れ・真空熱処理の依頼も受けている。プラズマ窒化後、部分高周波焼入れも実施している。

1. 高周波焼入れ:機械部品に必要とされる任意の表面および部分を高周波誘導加熱により
   焼入れ焼戻しを施し、高い表面硬度・高い圧縮残留応力が得られ、耐摩耗性・疲労強度の
   向上を目的に行い、比較的深い硬化層が得られる。あらゆる機械部品に適用されている
   表面改質方法である。
  当所の処理対象品;大型から小型部品の部分強化まで各種機械部品と試作品・試験品
     自動車、航空機器、艦艇用機械、工作機械、プラント用機械、自動搬送・組立機械、
     自動捻子締結機、製本機械、プレス機械、フォーマー機、医療用機器、薬剤打錠機、
     掘削機等の部品、大小歯車の強化に対応する高周波焼入れ焼戻し

2. プラズマ窒化処理:H2・N2ガスの減圧下に被処理物に直流電圧を印加し、プラズマ状態で
   イオン化した窒素を材料中に侵入させて、表層部の耐摩耗性、疲労強度向上を向上させる
   目的で行う表面改質法である。プラズマ窒化処理は処理温度が低いことにより材料の変態
   歪みは発生しないが、機械加工時の残留応力の影響は避けられない。プラズマ窒化では
   窒化層は最表面に化合物層[γ'-Fe4N]、内部はNの拡散層から窒化層を形成する。
   当所のプラズマ窒化では最表面の化合物層を薄く、拡散層を深くするように処理要素を制御し、
   それぞれの機械部品に適した処理を実施している。
   当所の処理対象品;各種材質、処理時間を変えた大小機械部品
     プラント用機器、自動搬送組立機、自動捻子締結機、繊維機械、艦艇用機関、医療用
     機器、薬剤打錠機、フォーマー機等の各種機械部品、大小歯車

3. 機械部品の目的に適する表面改質を行うための選択として、部分プラズマ窒化、
   プラズマ窒化後に部分高周波焼入れ焼戻し処理も実施している。