ご利用のブラウザはJavaScriptが「無効」となっております。
本HPでは、一部JavaScriptを使用していますので、
恐れ入りますが、ブラウザの設定にてJavaScriptを「有効」にし、
ご利用いただけますようお願い申し上げます。

ホーム
研究所紹介
所在地、マップ
研究開発事業
研究関連公益事業
設備一覧
熱処理(試作・調査・相談)
機械基盤研究施設
機械基盤研究会員
公募共同研究(rIas_X)
社会人教育「鐵識」
論文、研究レポート
最近のトピックス
随筆
歯車損傷大全
お問い合わせ
近年の受賞一覧

応用科学研究所カレンダー
Calendar Loading
黒:営業日 赤:休業日

公益財団法人 応用科学研究所
Tel 075-701-3164
Fax 075-701-1217
〒606-8202
京都市左京区田中大堰町49

アクセス総数:
研究開発事業

[Ⅰ]材料評価・開発研究室(長江室長)
         鉄鋼材料の品質・評価業務、金属材料の特性解析研究、耐超高温材料開発

[Ⅱ]表面処理研究室(松岡理事・技監)
         熱処理に関する実用研究、
         高周波誘導過熱による微細結晶化と焼入れ、プラズマ窒化後の高周波焼入れに関する研究


[Ⅲ]機械基盤研究施設(久保理事長)
         機械加工面の高性能化、非推力歯車の開発等、鉄鋼品質の評価法の研究(公募研究も行う)
    (1) 浸炭焼入れされた鋼製機械部品の作動面をミリング加工で仕上げた場合、ミリング後
         浸炭焼入れされた同じ表面粗さの面より耐久力が落ちることが経験されている。
         なぜそのような現象が起こるのかの機構を究明し、そのようなことの起こらない加工法を開発する。
    (2) 歯車の歯のエッジ処理技術の開発
         歯のエッジは歯車の強度に対して大きな悪さをしている。歯車の信頼性を上げるため、
         エッジをどのように処理するかの機械加工法、熱処理法を開発している。
    (3) 規格鋼種名とミルシートだけでは機械部品用鋼の品質が確定できない最近の事情を
         鑑み、鋼の品質を現物からのTPの簡易検査で判断できる評価をするための超多点
         自動マイクロビッカース硬さ測定装置を開発した。この装置の運用結果は工業的有用性を
         実証するもので、これを活用した歯車工業会規格化を実現した(2020年5月)。


[Ⅳ]加工研究部(松岡理事・技監)

    (1)加工科      高周波焼入れ焼戻し加工、プラズマ窒化処理
    (2)品質管理科      高周波焼入れ焼戻し、プラズマ窒化処理品の検査


[Ⅴ]特別研究員
         長村研究室(長村理事)
            超電導材料の機能最適化と超電導応用機器の開発研究
         松浦研究室(松浦 裕)
            永久磁石の微細組織とその局所磁気特性の解析による高保磁力化の指針構築
  

[Ⅵ]招聘研究員

[Ⅶ]共同研究員(大学等の研究者による研究)


 

これらのうち特別研究員を含む所内の研究員については、研究資金の観点からは下記の基盤
研究第1種研究第3種研究
になります。
また本研究所の共同研究員が行う研究に関しては
下記の第2種研究
が該当します。
 

 

①基盤研究 本研究所専任の研究者が独自に行う研究
②第1種研究 研究所所属の研究者が企業・個人からの研究費、寄付に基づいて行う研究
③第2種研究 本研究所が委託した共同研究員(大学等の研究者)により、企業・個人からの研究費、寄付に基づいて行う研究
④第3種研究 公的機関からの助成金によって行う研究(日本学術振興会科学研究費補助金、NEDOなどの独立行政法人からの委託研究費など)
   



これらの研究成果は、委託を受けた研究であっても原則として学術誌に論文として発表され
また専門分野の学会で口頭発表されています。

課題によっては成果の発表までには複数年かかる研究もあり、また特許取得等の目的で、発表
が複数年遅らされる場合もあります。


なお、近年のグローバリゼーションで生産拠点が国外に流出し、日本の技術の空洞化が深刻な
問題となっているという意識があります。

この現状を鑑み、当研究所では鉄に関わる機械産業が日々抱えている問題を解決し、基盤機械
技術の維持向上に関わり、基盤技術と先端技術のバランスとして初めて存在しうる日本の産業
技術を発展させる手助けとなる研究に注力しています。

平成26年度には、この方向の事業を更にダイナミックに進めるべく機械基盤研究施設を設置し、
平成27年度9月から具体的にスタートしています。